おっぱいが張りすぎて痛い!乳汁分泌過多ってどんな状態?〜知っておきたい対処法〜

おっぱいが張りすぎて辛いけど、乳腺炎ではなさそうだし、どこに相談したらいいのかわからないという人もいらっしゃると思います。張りすぎて辛いときは、どのように対処すればいいかお伝えします。

続きを読む
授乳中に解熱鎮痛剤は安心して使ってもいいの?その根拠は?

解熱鎮痛剤は、授乳中の方にとって使用頻度の高いお薬の一つだと思います。その多くは、内服方法と用量をきちんと守っていれば、授乳中の使用は特に大きな問題のないことが分かっています。しかし、どうして安全だと言えるのでしょうか。その点について解説していきます。

続きを読む
オリモノが変と思ったら細菌性腟症かも?〜非妊娠時と妊娠時の注意点〜

「細菌性腟症」という病気、多くの人には聞きなれない言葉だと思います。でも実は海外では3-4人に1人、日本でも5-10人に1人がこの状態にあると言われています。気づかないうちに細菌性腟症の状態になっていて、早産や他の性感染症にかかる危険性が高まることもあります。この記事では症状、リスク、診断、治療についてわかりやすく解説します。

続きを読む
最近おっぱいが張らない!?〜授乳中のおっぱいの変化について〜

赤ちゃんに授乳をしていると、以前のようにおっぱいが張らなくなったことで、母乳が出なくなったのではないかと心配されるお母様が多いです。今回は、授乳期間中の一般的なおっぱいの変化について説明します。

続きを読む
低用量ピルを飲み忘れた時はどうしたらいい?〜飲み忘れ時の対処法〜

避妊や重たい生理の改善にも力を発揮してくれる低用量ピル。でも、毎日飲む必要がありますので、時に忘れることもありますよね。今回は低用量ピルを飲み忘れた時の対処法についてのお話です。
なお、子宮内膜症の治療などに使われる低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤(LEP製剤:ルナベル、ヤーズなど)の飲み忘れ時の注意点も同様です。

続きを読む
月経前のイライラ、落ち込みをセルフコントロールする!〜PMSとPMDD〜

家や職場で、生理前になるとイライラしたり落ち込んだりと精神的に不安定になってしまう。また、無性に甘いものが食べたくなったり、胸が張ったりといった身体の変化を感じた経験はありませんか?
産婦人科医・心療内科医の立場からぜひ知っておいてほしい内容をまとめました。

続きを読む
生理が長い、出血量が多い、受診の目安は?

皆さんはどこまでが正常な月経期間・月経量かご存じでしょうか?個人差はありますが、正常な月経期間・月経量の範囲は決まっていて、それを越えてしまうと過長月経・過多月経といった「月経異常」となります。月経異常にはこわい病気が隠れている場合もあるのです。

続きを読む
卵巣の腫れ、妊娠・出産にどう影響するの?治療方針は?

卵巣の腫れは卵巣のう腫や卵巣腫瘍と呼ばれ、婦人科疾患の一つです。卵巣腫瘤(しゅりゅう)とも呼ばれます。
卵巣が腫れた状態で妊娠が発覚したり、妊娠初期に初めて卵巣の腫れが見つかる場合には、妊娠や出産への影響が気になりますよね。
今回は、卵巣の腫れの特徴ごとに、どのような注意点が必要か、治療方針はどうなるかを解説します。

続きを読む
妊娠中の腰痛の原因・対処法について産婦人科医が詳しく解説します

妊娠中の腰痛は、多くの人が経験する辛い症状の一つでしょう。腰痛の原因は、妊娠による生理的な変化や不自然な姿勢がもっとも一般的ですが、妊娠経過や泌尿器的疾患が原因となることもあります。それでは、それぞれの腰痛やその対処法について紹介していきます。

続きを読む
更年期の始まる時期、症状、対処法とは?

皆さんは、更年期はいつからどのように始まるかご存知でしょうか?更年期とは、閉経をはさんだ前後5年間の約10年間のことをいいます。この約10年間の間に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が著しく変化するため、様々な身体的・精神的な症状が現れます。では、どのように変化が現れてくるのでしょうか?

続きを読む
妊娠中の辛い痒みや発疹の原因は? 〜その種類と対応方法について〜

よくある妊娠中のトラブルの一つに、皮膚の痒みや発疹があります。実は、痒みや発疹の種類や原因は様々ですが、ほとんどが妊娠に反応しておこるものです。しかし、感染・薬を原因とする、妊娠とは関係ないものもあります。それぞれの特徴や対応についてご紹介いたします。

続きを読む
子宮筋腫ってどんなもの? 気になる症状と治療法について詳しく解説します

子宮筋腫は婦人科の良性腫瘍のうち一番多くみつかるもので、月経の量が増えるなど、困った症状が出ることも少なくありません。今回は、子宮筋腫の症状や治療についてわかりやすくまとめました。

続きを読む
新型コロナウイルスが広まる中、定期検診はどうする?緊急で産婦人科受診が必要な状況は?

新型コロナウイルスの感染拡大は未だに終息の目処が立っていません。そのような中で、産婦人科に早く受診するべきなのか、ご自身では迷う症状があるかと思います。
今回は、新型コロナウイルスが広まる中で、急いで産婦人科を受診してほしい症状や疾患について説明します。

続きを読む