妊娠初期のお腹の痛み 〜牽引痛が原因かもしれません〜

妊娠が分かって喜んだのもつかの間、なんだか下腹部に引っ張られるような痛みが、、、このような痛みは、多くの妊婦さんが経験します。今回は子宮の「牽引痛(けんいんつう)」について解説します。

牽引痛は赤ちゃんに悪影響ありません

妊娠初期〜中期に、左右どちらかの足の付け根や脇腹の下の方に引っ張られるような痛みが起きることがあります。これは、子宮を支える「円靭帯(えんじんたい)」が引っ張られている痛みです。このような靭帯の痛みを牽引痛や円靭帯症候群と呼んでいます。

牽引痛は、子宮の外側の靭帯の痛みのため、赤ちゃんに悪影響はありません。

牽引痛は流産や早産の原因にはなりません

牽引痛は、子宮が収縮して張っているわけではないため、流産や早産につながるものではありません。

子宮が大きくなってくる妊娠初期に牽引痛はよく起こりますが、妊娠中期になると痛みが自然に消失することが多いのです。

牽引痛があるときは安静に

牽引痛があるときは、激しい運動は控えて少し安静にしましょう。痛みが改善したら通常通り動いても構いません。

一方で、下腹部の真ん中が繰り返し痛む、痛みが徐々に強くなる、性器出血があるなどの場合は牽引痛ではない病気の可能性があります。これらの症状がある場合は、かかりつけの産婦人科医に相談してください。

牽引痛は赤ちゃんに悪影響はなく、流産や早産につながることもありません。痛みがあるときに安静にすることで、少しずつ良くなってきます。無理のない体勢で過ごすようにしてくださいね。

*参考文献
Mayo clinic. What causes round ligament pain during pregnancy?


さらに詳しく聞いてみたい方はぜひ産婦人科オンラインの医師、助産師にご相談ください。

産婦人科オンラインはこれからも妊娠中・産後の不安や疑問を解決するために情報を発信していきます。

(医師 柴田綾子